新型コロナウイルス「だ液」PCR検査(保険適用及び自費)について

かぜ症状(のどが痛い、鼻水がでる、熱が出る、頭が痛い、咳が出る、下痢をしたなど)のある方は

保険適用(2-3千円)で検査が受けられます。

会社理由や渡航目的などの症状のない方の検査は自由診療となります(報告書のみ25000円税別、診断書付き30,000円税別)。

いずれも唾液(だえき)を用いた新型コロナウイルスのPCR検査です。

また、20分で結果が出る抗原検査もしております(発症2日目から9日目まで)。

会社・施設などにおける集団検査についてはあらかめじご相談ください。

症状のある方は「事前Web」を受けていただき受診してください。

また、当院は発熱者を的確にゾーニングする動線分離型の内科クリニックです。

発熱等の自覚症状がある患者さんの診察では厳密に消毒処置をしている発熱者専用のアイソレーションルームに入っていただくことで、待合室にいる一般患者さんと接触しないようゾーニング(動線分離)しています。

無症状で自費によるPCR検査を受けられる方は、一般患者用の出入口を使っていただくことによって発熱患者さんと動線分離を行い、新型コロナやインフルエンザなどの感染症をうつされるリスクを軽減させております。

PCR検査の唾液採取は車で来られた方は車内で採取していただきますのでご理解をおねがいします。

保険適用へのハードルは以前ほどは高くない

  • はっきりとした症状があるのに検査を受けられない!

  • たらい回しにされた挙句ようやく検査を受けられた!

上記のような報道やSNSでのつぶやきなどを見たり聞いたりしたことがあるのではないでしょうか。

これは、6月くらいまでの状況です。確かにこのようなことはありました。当院が保健所の認可を受けてPCR検査を請け負う前は、クリニックから色んな所に電話をして、PCR検査を受けられるところを探し回っていた過去があります。

しかし、現在の状況はというと、少なくとも以前よりは保険適用のハードルがずいぶんと下がっています。

従って、新型コロナが疑われる症状が出ているのに、検査を受けられていない方は遠方でも当院にお越しいただければ保険適用の可能性はあるかも知れません。

ただし、唾液(だえき)によるPCR検査の保険適用は「発症から9日以内」に限定されていますので、お早めに当院へお越しください。

なお、検査結果判明には早ければ1日半、遅いと2日半かかりますので、その間は周囲との接触を避けて自己隔離をお願いいたします。

なお、検査結果が陰性だった場合、「陰性です」という診断書は出せず「検査結果は陰性」という表記になります。

報道等で多少はご存知かもしれませんが、検査の結果、偽陽性や偽陰性になる方も一定数いらっしゃいます。PCR検査は的中率が高い検査とは言えませんので、

  • 検査結果が陽性の場合は「おそらく陽性」

  • 検査結果が陰性の場合は「陰性かもしれないし陽性かもしれない」

実態としては上記のようになります。陽性と出た場合は約99%という高い確率で新型コロナウイルスに感染していると思われますが、約1%の確率で偽陽性(実際には陰性なのに陽性と出てしまうこと)になります。

また、検査結果が陰性の場合、なかなかの高い確率(3~5割)で偽陰性になってしまうこともあります。

 PCR検査に限らず、例えばインフルエンザ検査などの他の検査においても100%の精度を誇る検査は世に存在しませんので、その点重々にご留意ください。

banner_ubie.png